Windowsにcasperjsをインストール


casperjs


Windowsにcasperjsをインストール

Windowsでcasperjsを動かすにはPhantomJSとCasperJSが必要なのでこの2つをインストールします。
Windowsへのインストールの場合は、PhantomJSとCasperJSのモジュールをダウンロードして適切な場所に置いてあげる必要があります。
(Macへのインストール方法はこちらから→Macにcasperjsをインストール)

PhantomJSとCasperJSを入手

まずは、PhantomJSとCasperJSの2つを入手するところから。

phantomjsは1.9.8だと警告吐きまくるケースがあるので1.9.7がオススメ。
(参考記事:PhantomJS + CasperJSで テスト終了時に警告が出まくる問題への対処方法
http://odoruinu.net/blog/2014/12/19/phantomjs-displays-unsafe-javascript-attempt-to-access/)

●phantomjs1.9.7のダウンロード→https://bitbucket.org/ariya/phantomjs/downloads/phantomjs-1.9.7-windows.zip

●casperjsは本家サイトからダウンロード→https://codeload.github.com/n1k0/casperjs/legacy.zip/1.1-beta3

PATHを通す

ダウンロードが完了したら、適切な場所に設置して→フォルダをリネーム→PATHを通す。
それぞれフォルダ名をphantomjs casperjsとリネームしてC:\phantomjs C:\casperjsとなるように配置します。

[コントロールパネル]→[システム]→[システムの詳細設定]→[環境変数]を開きます。
([windowsキー+r→sysdm.cplと入力]→[詳細設定タブ]→[環境変数]でもOK)

システム環境変数の「新規」からPhantomJSとCasperJSフォルダまでのPathを登録。

変数名: PHANTOMJS_HOME
変数値: C:\phantomjs

変数名: CASPERJS_HOME
変数値: C:\casperjs

次に、システム環境変数のリストにあるPathを「編集」して以下のようにすればOKです。

変数名: Path
変数値: [元からあるPath...];%PHANTOMJS_HOME%;%CASPERJS_HOME%\bin;

インストール後の確認

次のコマンドを入力してバージョンが表示されればOK。

CasperJSについて書かれている本

CasperJSについて詳しく書かれている本。Amazonのサイトで本書の目次を見ることができるので内容を確認して役に立ちそうなら。

CasperJSの基本的な使い方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方 目次

Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(1) 画面キャプチャをとってみる
Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(2) ページ内の特定の要素を取得する
Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(3) ボタンやチェックボックスをクリックする
Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(4) Webスクレイピングしてみる
Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(5) ファイル入出力

シェアして頂けると嬉しいです

















チャーム本店



価格.com ブロードバンド

価格.com 自動車保険









■コメントはお気軽にどうぞ