サブリミナル効果で有名な映画館の話はウソ?




「サブリミナル効果」と聞くと、有名な話があります。

ニュージャージー州の映画館で上映中に「コーラを飲め」、「ポップコーンを食べろ」などのメッセージを映像に一瞬だけ挟み込んで流したら、コーラとポップコーンの売り上げが大幅に伸びた。っていう話。

実はこの話、どうやらウソらしい。ジェイムズ・ヴィカリー(James Vicary)というコンサルタントが、自分の事業救済の手法としてでっち上げた話のようです。広告専門誌”Advertising Age”による1962年のインタヴューの中で認めたとのこと。

僕はこのことを最近まで知りませんでした。ちなみに調査によると、アメリカ人の約80%が未だに「サブリミナル効果」の不気味な力を信じているらしいです。

ただ、ジェイムズ・ヴィカリーがでっち上げた方式での効果は疑わしいとのことですが、サブリミナル(閾下)知覚の存在そのものが完全に否定されているわけではないとのことです。

シェアして頂けると嬉しいです

















チャーム本店



価格.com ブロードバンド

価格.com 自動車保険









■コメントはお気軽にどうぞ