iPhoneがUSB接続で認識されないときの対処法 その2


Cable-de-conector-Lightning-a-USB


以前、iPhoneがUSB接続してもMacに認識されない記事を書きました。「iPhoneがUSB接続で認識されないときの対処法」
その後、その対処法でも解決しないケースがありましたので「その2」として記事を書いてみます。

USB接続でテザリングできない

外出時にMacを使うときはiPhoneのテザリングを利用しているのですが、いつもWi-Fiで接続していたため気付かなかったのですがUSB接続によるテザリングができなくなっていました。Macの「システム環境設定→ネットワーク」で確認しても「iPhone USB」は常に「未接続」のままで全くiPhoneを認識してくれません。(Mac、iPhoneの再起動など、いろいろと試しましたが全くダメでした)
そんなこんなで「これは何かおかしいぞ」ということで、解決策をいろいろと調査して試した結果以下の方法で無事USBでのテザリングができるようになりました。同様のケースで困っている方も多く見受けられるので簡単に手順をまとめてみました。

ネットワークサービスを作りなおしてみる

Macの「システム環境設定→ネットワーク」を開きます。
スクリーンショット_2015-10-09_9_13_51

[iPhone USB]という項目を[ー]ボタンで削除します。削除後に再度[+]ボタンをクリックして再作成します。インターフェースは「iPhone USB」を選択します。
スクリーンショット_2015-10-09_9_19_41

このときインターフェースの選択肢に「iPhone USB」が表示されていない場合はiPhoneをUSBで接続すると表示されます。この方法でうまく認識、テザリングが可能になるケースもありますが、多くはここでインターフェースに「iPhone USB」が出てこなくなってしまうケースに陥ります。
スクリーンショット_2015-10-09_2_45_16

やはりMacはiPhoneをUSB認識していないということでしょうか。そこでこの対処法ですが、以下の手順を試してみてください。

まずは準備として2つのファイルを手に入れます

このような状況が発生する原因の1つとしてiTunes11.1更新時の不具合と言われています。iTunes11.1の更新でAppleUSBEthernetHost.kextというファイルが書き換えられるのですが、これがどうもよろしくないようです。そこでこのAppleUSBEthernetHost.kextというファイルを元に戻すことで解決できます。

まず準備として以下の2つがあります。

(1)AppleUSBEthernetHost.kextの旧バージョンファイルを入手する
AppleUSBEthernetHost.kextの旧バージョンファイルは以下のサイトにて入手できます。
http://www.mediafire.com/download/44rgtt5k6ot0t72/AppleUSBEthernetHost.kext.zip
スクリーンショット_2015-10-09_3_03_04
「DOWNLOAD」という大きな黄緑色のボタンをクリックすると「AppleUSBEthernetHost.kext.zip」というファイルがダウンロードできます。ダウンロード後にzipを解凍すると「AppleUSBEthernetHost.kext」というファイルが出てきます。これがAppleUSBEthernetHost.kextの旧バージョンファイルとなります。
スクリーンショット 2015-10-09 3.04.24
ここでこのファイルは一旦そのまま置いておいて、次にもう一つ入手するものがあります。

(2)設定を元に戻すためのツールを入手する
AppleUSBEthernetHost.kextを元に戻すためのツールを以下のサイトからダウンロードします。
http://cvad-mac.narod.ru/index/0-4
スクリーンショット_2015-10-09_2_59_47
真ん中の箱みたいなアイコンをクリックすると「Kext_Utility.app.v2.6.4.zip」というファイルがダウンロードできます。ダウンロード後にzipを解凍すると「Kext Utility」というアプリケーションが出てきます。これがもとに戻すためのツールとなります。
スクリーンショット 2015-10-09 3.01.42

これで準備完了です。あとは設定を元にもどす作業となります。

設定を元に戻す

先ほど入手した「Kext Utility」を実行します。(ダブルクリックしても実行出来ない場合は右クリックして「開く」をクリック)実行するとウインドウが表示され、何やらシステムの情報がズラズラと表示されます。
スクリーンショット_2015-10-09_3_06_11

この画面に先ほど入手したAppleUSBEthernetHost.kextをドラッグ&ドロップします。しばらくすると処理が始まるのでしばらく待って、以下のような画面になれば完了です。
スクリーンショット_2015-10-09_3_08_35

これまでの作業が完了したらMacを再起動します。

ネットワークサービスを作成

Macの再起動が完了したら、「システム環境設定→ネットワーク」を開きます。[+]ボタンをクリックしてiPhone USBサービスを再作成します。インターフェースは「iPhone USB」を選択します。先ほどは選択できなかった「iPhone USB」が選択できるようになっていると思います。
スクリーンショット_2015-10-09_9_19_41_2
「あれ、出てきてないや」という方は、一旦「システム環境設定→ネットワーク」を閉じて、MacにiPhoneをUSBで接続して、再度「システム環境設定→ネットワーク」を開いてみてください。

iPhoneのインターネット共有をONに

MacにiPhoneがUSBで接続された状態で、iPhoneの「設定」画面から「インターネット共有」をONにしてみてください。無事にiPhoneがUSBで接続されると思います。
スクリーンショット_2015-10-09_3_12_33

MacとiPhoneのUSBまわりは問題が起きやすい

MacとiPhoneのUSB接続まわりは結構問題が起きやすく、紹介した方法でもうまくいかない場合はiTunesの再インストールなども試してみると良いかもしれません。これでうまくいった方もいるようです。



シェアして頂けると嬉しいです

















チャーム本店



価格.com ブロードバンド

価格.com 自動車保険









■コメントはお気軽にどうぞ