Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(3) ボタンやチェックボックスをクリックする


casperjs


CasperJSの基本的な使い方を具体的なサンプルプログラムで紹介したいと思います。インストール済みという前提で話を進めます。まだインストールしていない場合はこちらを参考にインストールしてください。
Macにcasperjsをインストール
Windowsにcasperjsをインストール

今回はWebページ上のボタンをクリックしたりテキストボックスへの入力の方法を紹介したいと思います。

ボタンをクリックする

 

のようにCSSセレクターを使用してボタンを指定します。

チェックボックスを選択する

 

のようにclickメソッドでできますが、evaluateメソッド(今いるページ内でJavascriptを動作させる)を使って

というふうにすることもできます。

ラジオボタンを選択する

チェックボックスと同様に

でできます。evaluateメソッド(今いるページ内でJavascriptを動作させる)を使う場合は

とすればOKです。

テキストボックスへの入力

 

とします。第一引数がCSSセレクター、第二引数が入力文字列、第三引数はオプション(既に入力されている内容をクリア)です。

プルダウンメニュー(リストコンボボックス)の選択

 

CasperJSについて書かれている本

CasperJSについて詳しく書かれている本。Amazonのサイトで本書の目次を見ることができるので内容を確認して役に立ちそうなら。

Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方 目次

こちらの記事も参考にして頂ければと思います。
Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(1) 画面キャプチャをとってみる
Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(2) ページ内の特定の要素を取得する
Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(3) ボタンやチェックボックスをクリックする
Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(4) Webスクレイピングしてみる
Javascriptフレームワーク CasperJS 基本的な使い方(5) ファイル入出力

シェアして頂けると嬉しいです

















チャーム本店



価格.com ブロードバンド

価格.com 自動車保険









■コメントはお気軽にどうぞ