無線LANのタダのりには注意..いきなり逮捕される可能性も


softbank-wi-fi-spot


かなり無線LANが普及した現在

さて、みなさん無線LAN、使っていますでしょうか。最近は無線LANを使用してインターネット環境を構築している方々もかなり多いと思います。当初は価格も高かった無線LANルータも現在は手軽に導入できる価格になり、設定もかなり簡単になりました。このように一般家庭にもかなり普及した無線LANですが、気をつけないとサイバー犯罪に巻き込まれるなどのリスクが高まっています。

無線LANのタダのり

家庭内の無線LANはきちんとセキュリティの設定をしておかないと簡単に「タダのり」されてしまいます。単純に回線をインターネット接続に使用されるだけであれば大きな被害を被ることはありませんが、気をつけないと大きなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

最近では、タブレット端末で無線LAN環境に不正アクセスし、それを経由してWebサイトに殺人予告などを書き込んだとして未成年者が逮捕された事件も起きています。こういったケースの場合、あなたに何の悪意がなくても犯罪の片棒を担いだとの疑いがかかる可能性もあります。

無線LANでは電波の届く範囲なら壁などの障害物を越えて通信が可能であり、しかも電波は目に見えないため、無線LANの設置者が不正アクセスを発見したり、アクセス者を特定したりすることは一般的には難しいとされています。

リスクはタダのりする側にもある

また、「タダのり」する側にも実はリスクがあります。悪意のある無線LAN設置者がわざと「タダのり」をさせて、接続してきた機器の情報や通信内容を盗み取ったりすることができます。屋外で、見知らぬ無線LANアクセスポイントに接続するのはやめたほうが賢明です。モラルにも反することになります。

最低限の対策

さて、対策として、無線LANが「タダのり」されないようにするためには、ルータ親機のセキュリティ設定で「WPA2-PSK(AES)」のような強力な暗号化方式を選択すると良いと思います。また容易に推測されにくいパスワードを利用したりすることも大切です。一般的に容易に推測されにくいパスワードの例は以下の通りです。
・英語の辞書に載っている英単語を使用しない
・大文字、小文字、数字、記号の全てを含む文字列とする
・文字数は半角で最低20文字(最大は63文字)は使用する

このような設定が難しい場合は、「WPS(Wi-Fi Protected Setup)」などの自動設定機能を活用するのもひとつの方法です。(場合によっては親機の設定内容がリセットされてしまう場合があるので注意が必要)

このように「タダのり」はされる側もする側もリスクがつきまとう厄介な問題です。不正行為や犯罪などに悪用され、意図せずに犯罪の片棒を担ぐことになったり、設置者自身に不正アクセスなどの嫌疑がかけられたりする恐れもありますので、十分に注意しましょう。

シェアして頂けると嬉しいです

















チャーム本店



価格.com ブロードバンド

価格.com 自動車保険









■コメントはお気軽にどうぞ