JavaScript – オブジェクトについて説明してみる(1)


950048_26897785


JavaScriptにおけるオブジェクトの使い方についてザッとまとめてみました。
まず、以下のような4つの情報を保存しておきたい場面があったとします。
「メロン」
「バナナ」
「キウイ」
「マンゴー」
普通に4つの変数を用意して保存しておくこともできますが、

オブジェクトを利用すると以下のようにまとめて保存しておくことができます。

オブジェクトを記述する場合は、「{ }」の中に「プロパティ名」と「値」をセットにして「プロパティ名:値」の形式で記述します。複数記述する場合はカンマで区切ります。

プロパティ名は変数と同じく識別子を使用します。また識別子の代わりに任意の文字列を使用することもできます。値には数値や文字列などを保存できます。(通常の変数と同様)

シェアして頂けると嬉しいです

















チャーム本店



価格.com ブロードバンド

価格.com 自動車保険









■コメントはお気軽にどうぞ