プログラミング

Windowsにcasperjsをインストール


casperjs


Windowsにcasperjsをインストール

Windowsでcasperjsを動かすにはPhantomJSとCasperJSが必要なのでこの2つをインストールします。
Windowsへのインストールの場合は、PhantomJSとCasperJSのモジュールをダウンロードして適切な場所に置いてあげる必要があります。
(Macへのインストール方法はこちらから→Macにcasperjsをインストール)
続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです

Macにcasperjsをインストール


casperjs


Macにcasperjsをインストール

Macでcasperjsを動かすにはPhantomJSとCasperJSが必要なのでこの2つをインストールします。
インストール方法はターミナルを起動してコマンドラインからのインストールとなります。
(Windowsへのインストール方法はこちらから→Windowsにcasperjsをインストール)

casperjsには–develオプションをつけてあげないと1.0系がインストールされてしまうようなので、このオプションは必ず付けてあげましょう。

ちなみに何も考えずに

としたら1.0.4がインストールされました。動かしてみると以下のメッセージが出て上手く動きませんでした。
続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです

symfony 1.0 book 第2章 まとめ(3)


symfony1


PHPの代表的なフレームワークの1つであるsymfonyについてまとめます。元ネタはsymfonybook-ja1.0です。

覚えておくべき基本的な手法

symfonyでよく使われるいくつかの手法があります。例えば、パラメーターホルダー、定数、そしてクラスのオートロードなどです。

パラメーターホルダー

symfonyの多くのクラスはパラメーターホルダー(parameter holder)を実装しています。これはゲッターとセッターメソッドを持つプロパティ(属性、メンバ変数)をカプセル化するのに役立ちます。たとえば、sfResponseクラスはgetParameterHolder()メソッドを呼び出すとパラメーターホルダーオブジェクトを取得することができます。このパラメータホルダーを使用することで各プロパティにアクセスできます。

続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです

symfony 1.0 book 第2章 まとめ(2)


symfony1


PHPの代表的なフレームワークの1つであるsymfonyについてまとめます。元ネタはsymfonybook-ja1.0です。

symfonyプロジェクトのツリー構造

一般的なWebプロジェクトは以下のような内容で構成されます。

・データベースのファイル。MySQL、PostgreSQLなど
・静的なファイル(HTML、画像、JavaScriptファイル、スタイルシートなど)
・サイトのユーザーと管理者によってアップロードされたファイル
・PHPのクラスとライブラリ
・外部ライブラリ(サードパーティのスクリプト)
・バッチファイル(コマンドラインもしくはcron tableで起動するスクリプト)
・ログファイル(アプリケーションかつ/もしくはサーバーによって書き込まれるトレース)
・設定ファイル
続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです

symfony 1.0 book 第2章 まとめ(1)


symfony1


PHPの代表的なフレームワークの1つであるsymfonyについてまとめます。元ネタはsymfonybook-ja1.0です。

MVCアーキテクチャ

symfonyは3つのレベルから構成される、MVCアーキテクチャ(Model-View-Controller architecture)として知られる古典的なWebのデザインパターンに基づいています。

・モデル(model)はアプリケーションが影響を与える情報、ビジネスロジックが実装されます。
・ビュー(view)はモデルの内容をレンダリングし、Webページとして表示する役割を持ちます。
・コントローラー(controller)はユーザーのアクション(入力やクリックなど)に対応する、モデルのデータをビューに渡すなどの役割があります。
続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです