Objective-C

Objective-C 基礎(3)- クラス定義の方法




§1 Xcodeでクラスを定義してみる

前回ではmain.mにクラスの宣言部分、クラスの実装部分を全て記述していましたが、実際にはクラスファイルとヘッダファイルを用意することがほとんどです。Xcodeでクラスを定義するには以下のようにします。

[ファイル]⇒[New]⇒[File]からプロジェクトを作成します。テンプレートは[Objective-C class]を選択します。
[Class]にクラス名を入力、[Subclass of]は[NSObject]を選択します。保存場所はプロジェクトのフォルダでOKです。[Group]はプロジェクト内のフォルダです、デフォルトのプロジェクトフォルダでOKです。[Target]にはプロジェクト名が表示されていると思います。ここはチェックを入れておきます。(プログラムのビルドと実行に関係する設定)

これでクラスファイル(クラス名.m)とヘッダファイル(クラス名.h)が生成されます。
ヘッダファイルにはクラスの宣言部分を記述します。クラスファイルにはクラスの実装部分を記述します。
この2つのファイル生成と同時にヘッダファイルには「@interface クラス名 : NSObject・・・@end」、クラスファイルには「@implementation クラス名・・・@end」が自動的に記述されています。

ヘッダー先頭にある「#import」により「Foundation」というフレームワークの機能を取りこんでいます。「Foundation」は、Objective-Cの基本機能のかたまりみたいなもので、必ずこれをimportすると考えておいてOKです。C言語の「stdio.h」みたいなカンジです。

続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです

Objective-C 基礎(2)- Objective-Cの概要とメソッドの呼び出し




Objective-Cのプログラミングは、Mac OS Xの標準開発ツール「Xcode」を使用します。(テキストエディタとターミナルを使ってコマンドラインから開発することもできます)
Xcodeをインストールしていない人はObjective-C 基礎(1)- Xcodeのインストールとプロジェクトの作成を読んでインストールしてください。

§1 Xcodeプロジェクト作成

[ファイル]⇒[New]⇒[Project]からプロジェクトを作成します。テンプレートは[Command Line Tool]を選択します。[Type]は[Foundation]を選択し、プロジェクト名などを入力して保存します。
[Use Automatic Reference Counting]というチェックがありますが、これはARCといって、オブジェクトのメモリ管理の仕組みを使うかどうかを設定するものです。(Objective-C 5.0から導入されました)
これを利用するとオブジェクトの管理が簡単になります。ここでは「ON」にして、ARCを使うことにします。

作成されたプロジェクトには、main関数が記述された[main.m]が自動的に生成されます。基本的にこのファイルを編集してプログラミングします。[.m]という拡張子はC言語でいうところの[.c]と同じで、ソースコードファイルを意味します。

続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです

Objective-C 基礎(1)- Xcodeのインストールとプロジェクトの作成


Xcode


§1 Objctive-Cについて

iOSアプリやMacアプリを開発する場合、Objective-Cを理解している必要があります。Objective-Cは「C言語+追加の機能」と考えておけば良いと思います。
ということからObjective-Cを理解するには「C言語の基本的な文法の知識があること」は前提条件となります。
「C言語って何?」という人は、まずC言語をザッと学習してからObjective-Cを学習するほうがスムーズに理解できると思います。

続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです