Macbook Pro Retinaを分解するのに必要なドライバー


IMG_3748


MacBook Pro Retina を開けてみる

僕はMacBook Pro Retina 13-inch(Early 2013)を使っているのですが、タッチパッドが物理的に押せなくなってしまいました。とりあえず裏ブタ開けてタッチパッドの調整ネジ回せばなんとかなるかなーと思ってMacbookを開けてみることにしました。

安物ドライバーは避けたほうが良いかも

Macbookはネジが特殊なネジなので普通のプラス、マイナスドライバーでは開けることができません。なのでネットで調べてMacbookを開けるのに使用できるドライバーを購入しました。価格もピンキリで、怪しげな安物を使うとネジ山を潰してしまうのでそこそこ実績のあるものを選択したほうが良いかと思います。
続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです

ツムツム 100回連続でプレミアムボックスを引きまくった結果


スクリーンショット 2015-11-26 9.04.13


300万コイン貯まった

以前、100万コイン貯まったので一気にプレミアムボックスを引いてみたのですが、あまり思わしくない結果に終わりました。
(→「ツムツム 100万コイン 貯まったのでプレミアムボックスを引きまくった結果」)
あれから、また地道に300万コイン貯めたので、今度は100回連続でプレミアムボックスを引いてみました。

ぜひラプンツェルをスキル6にしたい

ラプンツェルがあと一回でスキル6(MAX)になるので、一回は引きたいところです。引く前は、「まあ、100回も引けば一回は引けるだろう」と楽観的に考えていました。
IMG_3621
続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです

Web上で動くプログラムのしくみ PHPってなに?


bsPAK85_coding15095904


「PHPとかRubyとかPerlとかってたまに耳にするんだけどこれって一体なんなの?」という方向けに難しいことはあまりふれずに説明したいと思います。

HTMLもよくわからないんだけどという方はこちらを読んでからのほうが理解しやすいと思います。
→「WebサーバとかHTTPとかわからない人のためにWebのしくみを超カンタンに説明してみる
→「とりあえず難しいことは抜きにしてJavascriptっていったい何なの?

HTMLで実現できない機能はプログラムが必要

普段みなさんがインターネットで見ているWebサイトではHTMLで書かれたWebページが表示されます。そしてこれらのHTMLファイルは通常Webサーバというコンピュータに保存されています。そしてブラウザからの要求があるとHTMLが送信され、ブラウザ上に表示されます。
続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです

とりあえず難しいことは抜きにしてJavascriptっていったい何なの?




「WebサイトとかWebページはHTMLファイルがブラウザに表示されているんだよね」ってところまでは理解しているけど、Javascriptっていうのも何かWebに関係しているようだけど何だか良くわからないなーという人向けに簡単に説明してみます。

HTMLもよくわからないんだけどという方はこちらを読んでからのほうが理解できると思います。→「WebサーバとかHTTPとかわからない人のためにWebのしくみを超カンタンに説明してみる

まずはHTMLについて

HTMLファイルはブラウザ上に表示したい文字や画像・動画などを書式指定付きで書かれた文書ファイルです。「書式指定付き」というのは、段落や文字の位置や大きさ、色、装飾などを指定して書かれているという意味です。具体的には「あいうえお」という文字を太字で表示したい場合はHTML書式に従って書くと「<strong>あいうえお</strong>」とか「<b>あいうえお</b>」となります。このような<>で囲まれたものがHTMLタグと呼ばれています。HTMLタグはものすごいたくさん種類があって文章や文字、画像などブラウザ上に表示したいものに対してさまざまな効果を与えることができます。「HTMLタグ」でGoogle検索などをしてみるとHTMLタグの一覧サイトなどがたくさん出てきます。(参考:HTMLクイックリファレンス http://www.htmq.com/html/)
続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです

Facebook 亡くなった方のアカウントに関するサービス 追悼アカウントについて


デスクトップ上の天国-1378730839_40


Facebookアカウントはかなりの方が持っていると思います。あまり考えたくないですが、もし自分が死んだらそのアカウントはどうなるのか?ということについて書いてみました。

追悼アカウント

亡くなった方のFacebookアカウントは追悼アカウントという名称で呼ばれ、Facebookでは追悼アカウントに関するサービスを用意しています。アメリカでは2015年2月あたりから始まったサービスですが日本でも2015年5月あたりからこのサービスが使えるようになりました。

このサービスでは、あらかじめ追悼アカウントの管理人を設定しておくことができます。管理人に設定された人ができることは基本的に次の3つになります。

●トップの固定記事への投稿ができます。亡くなったことの通知、葬儀などのお知らせ、生前に用意されたメッセージを投稿する等を想定していると思われます。(通常の投稿はできません)
●友達リクエストの対応。亡くなった後で、追悼アカウントのページを閲覧するために友達申請などが来るケースを想定していると思われます。
●プロフィール写真、カバー写真の変更ができます。
続きを読む

シェアして頂けると嬉しいです